不動産名義変更はこうすれば困らない!

賢い手続きの仕方

もしも自力でやると

不動産名義手続きの変更は基本的に自身で行うことも可能です。
ですが、例えば「登記」について実際に行おうとすると、インターネットであれ、文献であれ、難しい法律用語の嵐です。
法務局に相談したとしても、同じような状況になり、出鼻から挫かれる方が多いようです。
また、相続、贈与、売買、離婚によって、必要な手続きや書類、費用なども各ケースによって違うため、やっていく中で何が何だか分からなくなっていく経験をしている方が大半のようです。
日々の生活がある中、またケースによっては、関係者との間柄がよろしくない状況にある場面で、この作業と向き合うのは、様々な面で現実的ではないのかもしれません。
この行為の大半は法律に則った内容ですので、専門家を交えた手続きを行うことが現実的ともいえます。

誰に頼むの?

自身で行うには、手間と労力が非常にかかります。
役所から入手する必要書類が遠方であれば、物理的にも時間的にも負担がかかります。
また、慣れない法的書類を作成する作業も同時並行です。
提出書類のミスに応じて、法務局での修正作業が待っています。
このように全てを自分で行う場合には、大変な時間と労力が必要とされます。
日常生活にこれらの負担は少なからず大きなものです。
そこで司法書士のお力を借りるのが賢明といえるでしょう。
司法書士はその道のプロフェッショナルとして、これまでに数々の事案を扱ってきていると思います。
どうしても自分でやらなければならない事項も発生しますが、全てを自力で行うよりは相当な負担軽減が期待できます。
また専門家と相談しながら事を進めていける面でも安心です。
不動産名義の変更が必要になった時のために、こちらを頭の片隅に置いておくといいかもしれませんね。


この記事をシェアする