不動産名義変更の際の注意点とは?

不動産名義変更はこうすれば困らない!

必要な場面は?

「不動産の名義変更」とは、法務局に関係書類を提出して、所有する対象不動産の名義を変更することです。
名義変更をすることで、売り手と買い手意外の第三者に所有権を主張できます。
基本的に名義変更は自分で手続きができます。
費用面を抑えるメリットがあります。
また、不動産の名義変更のために準備から完了までのすべてにかかる日数は、最長で2か月はかかります。
必要な書類の用意には半月から一カ月ほどの期間は設けておくべきです
書類は所定の役場へ提出します。
物件に関する登記に必要な申請処理そして同じタイミングで登録免許税などの税金を納めることになります。
その後は審査期間になりますが、一般的に1~2週間で完了します。
ですが、書類不備の補正期間も考慮すると、こちらも最大で1か月は見積もっておく必要があります。
不動産の名義変更では、事前に必要書類を揃える必要があります。
書類の準備には長くて半月はかかります。
相続となると、さらに書類が増えるため、最長で1か月かかるのが一般的です。
また、一部の書類は、自分で作成する必要があります。
繰り返しになりますが物件の登記登録には所定の役場で申請を出さなければなりません。
事前に準備した書類と、新たに記入した申込書を併せて各種税金の納付を行います。
そして、しばらく審査期間を経て完了します。
審査の期間は一般的に1~2週間ほどかかります。
ただし、もし提出書類に不備があれば、補正の必要があります。

不動産名義変更の基本

不動産の名義変更が必要なケースは、「相続」、「売買」、「贈与」、「離婚」の4つです。 各ケースによって必要となる流れ、手続き、費用についてはそれぞれの立場によっても変わります。 。 流れの把握、手続きと書類、必要経費がかかり方など、ここではそれぞれのケースを紹介していきます。

注意する事柄

不動産名義には様々な面で注意しなければならないことが、たくさんあります。 法律的にも非常に高度な分野です。 そして実務的にも、とても専門性の高い知見と処理能力が求められます。 ここでは、素人だからこそ、気付きにいからこそのポイントを紹介していきます。

賢い手続きの仕方

不動産名義変更というものが、各ケースに応じて求めれれる手続きや書類、基本的な流れのなかで、少しづつ違っていることや、売却そのものが出来なくなってしまいかねないリスクについてご紹介してきました。 ここでは、これらのリスクを少しでも取り除く現実的な内容をお伝えしたいと思います。